ディスクユーティリティのエラーメッセージ

いつも私の知らないところで自動でバックアップを取ってくれているTime Machineがエラーメッセージを表示しました。Time Machineで使っているHDDの容量がなくなったのかな? と思ったのですが、そんなのはとっくにオーバーしているはず。古いものから上書きされているはず。じゃ、このエラーはいったい???

Time Machineで使っているHDDをチェックしてみようと思いディスクユーティリティを開いてみたら、とんでもないことが。

なんとTime MachineのHDDではなくて起動ディスクがマズイみたいです。ディスクユーティリティのメッセージには「データをできるだけ多くバックアップしてからディスクを交換してください。詳しくは、アップルの世紀販売代理店にご相談ください。」と。
要するにディスクユーティリティではどうにもならないからHDDを交換しろ、とのこと。ウィンドウの下には「S.M.A.R.T.状況」は エラーを表示。どうもこの「S.M.A.R.T.状況」がエラーだと今後80%の確率でHDDがぶっ壊れるそうです。今後ってどれくらい後なのかはわかりませんが、かなりドキドキしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket   
  • follow us in feedly
カテゴリー: Mac タグ:
comments powered by Disqus