WindowsにインストールしたapacheでPHPを使えるようにする

1. PHPのインストール

PHPのサイトよりPHP 5.4 (5.4.31)のVC9 x86 Thread Safe (2014-Jul-24 01:06:39)からzipファイルをダウンロードします。
PHP5.5系はapache2.4以上が必要らしく、apache2.2をインストールしている私の環境では動きませんでした。

  1. ダウンロードしたzipファイルを解凍
  2. 解凍されたフォルダのフォルダ名をphpに変更
  3. phpフォルダをCドライブの直下に移動(C:\php)。
  4. phpフォルダ内にある「php.ini-development」をC:\Windowsへコピー。
  5. コピーしたphp.ini-developmentをphp.iniにファイル名を変更

2. php.iniファイルの編集

1の最後に設定したphp.iniを開いて以下の該当箇所を編集します。

httpd.conf

output_handler

phpファイルのエンコードと出力するHTMLのコードが違う場合に機能します。ブラウザで表示した場合に文字化けする場合はコメントアウトします。
また、php.iniで設定しなくてもphpファイルの方で対応できるので、そちらで制御したほうが汎用的です。

default_charset = “UTF-8”

HTTPヘッダのContent-Type: text/html; charset=*****の*****に反映されます。

mbstring.internal_encoding = UTF-8

日本語等のマルチバイト文字を扱う関数でのデフォルトエンコードになります。関数を使用する場合にエンコードの指定がなかった場合、この指定が有効になります。

mbstring.http_input、mbstring.http_output、mbstring.encoding_translation

HTTP通信の際の文字コードを変換する場合に指定します。ここではpassとOff(無変換)にしていますが、変換が必要な場合は文字コード、Onを記載します。

mbstring.detect_order

文字コードの自動判別の際に確認するエンコードを順番に記載します。ここではautoとしていますが、詳細に指定したい場合は優先順位の高い順にカンマ区切り(例:UTF-8,SJIS,EUC-JP)で記載します。

mbstring.substitute_character

文字変換に失敗した時に表示する文字です。ここでは表示しないのでnoneを指定しています。

mbstring.func_overload

シングルバイト向けの関数をマルチバイト向けの関数に変換する際の設定らしいのですが…、詳しくはわかりませんでした。基本は0にするようです。

3. httpd.confファイルの編集

モジュールの追加はphpをインストールしたパスを指定します(今回はCドライブ直下)。モジュールが記載されているブロックの最後に追加します。
拡張子phpとphpsが利用できるように<IfModule mime_module>の中に追記する。

4. PHPの動作確認

info.php(ファイル名はなんでもいい)を作り以下のコードを記載します。

apacheのドキュメントルート直下にinfo.phpを置きブラウザでhttp://127.0.0.1/info.phpを開き、以下の様なPHPの情報が表示されれば無事成功となります。

phpinfo

14歳からはじめるPHPインターネットプログラミング教室―Windows 2000/XP/Vista対応

14歳からはじめるPHPインターネットプログラミング教室―Windows 2000/XP/Vista対応

Amazon価格¥ 2,571

著者掌田 津耶乃

発売元ラトルズ

出版日2008年3月1日

商品カテゴリー単行本

ページ数343

ISBN4899772149

Supported by amazon Product Advertising API

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket   
  • 5 follow us in feedly
comments powered by Disqus