IEに互換表示をさせないX-UA-Compatibleの指定

IEはバージョンごとに表示方法(レンダリング)がガッツリ変わると言う、とてもやっかいなブラウザです。
また、各バージョンごとに下位バージョンの表示方法を再現できたり、互換表示なる表示方法があったりと、ありがた迷惑この上ない機能が搭載されています。

このサイトのトップページをIE10で表示すると・・・

IEの互換表示アイコン

アドレスバーに紙が破けたようなアイコンが表示されます。そしてこのアイコンをクリックすると互換表示に切り替わり、再レンダリングがはじまります。
box-shadow、background-sizeなどのCSSが効かなくなってしまいました。

また同じアイコンをクリックすれば互換表示が通常表示に戻ります。もし通常表示に戻さなかったか場合、IEは設定を覚えてしまい、再度同じURLにアクセスすると、また互換表示になってしまいます。IEを終了して再起動しても戻りません。

新バージョンのIEを使用しているユーザーに対してわざわざ互換表示をさせたい、と言うこともないと思うので、この紙が破けたようなアイコンが表示されないのが一番です。

アイコンを出さないようにするには以下のコードheader内にを記述します。

 

上記コードはcssやjsなどの外部のファイルへのリンクが記述されている箇所より前に記述します。
外部のファイルの読み込みがあるとそこで表示モードが決定してしまうからだそうです。
contentのIE=edgeは使用しているIEの最新バージョンの標準モードを表しています。IE10の場合はIE10のレンダリングモードで、IE9を使用している場合はIE9のレンダリングモードで表示されます。
chrome=1はIEのプラグイン、Google Chrome Frameがインストールされている場合、Google Chrome Frameを使用して表示する、と言う意味になります。

contentには他にも以下のような設定があります。

IE=8

IE8のレンダリングモードで表示。

IE=7

IE7のレンダリングモードで表示

IE=7;IE=9などの複数指定

複数指定した場合は使用可能な最上位のバージョンが使用される。

上記の場合、IE8でアクセスした場合はIE7が、IE9、IE10でアクセスした場合はIE9のレンダリングモードで表示される。

IE=EmulateIE8

IE8として動作し、状況によってIE8標準、またはQuirksモードで表示

IE=EmulateIE7

IE7として動作し、状況によってIE7標準、またはQuirksモードで表示

※EmulateIE8、EmulateIE7は以下の条件に当てはまるとQuirksモードで表示されます。

  • DOCTYPE宣言がされていない
  • HTML3.0以前の構文で書かれている
  • HTML4.0 Transitional 、もしくはFramesetでDOCTYPE宣言内にURLを含んでいない

 

IEのバージョンを固定して表示したい場合は少ないと思うので、基本的にcontentにはIE=edge,chrome=1を指定すればよいと思います。

Microsoft Windows 10 Home 32bit/64bit 日本語版 (旧商品)|USBフラッシュドライブ

Microsoft Windows 10 Home 32bit/64bit 日本語版 (旧商品)|USBフラッシュドライブ

Amazon価格¥ 22,400

発売元マイクロソフト

商品カテゴリーUSBメモリスティック

Supported by amazon Product Advertising API

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket   
  • 5 follow us in feedly
comments powered by Disqus